Here’s the page we think you wanted. See search results instead:

 

キーサイト・テクノロジーの歴史

会社の歩み - 1930年代

1934年、スタンフォード大学の電気工学科を卒業したビル・ヒューレットとデイブ・パッカードは、コロラド州の山で2週間、キャンプをしながら釣りを楽しみました。 この旅行で、二人は考え方に類似点が多いことを実感し、親友となりました。 卒業後、ビルはスタンフォードとMITの大学院で研究を続け、デイブはニューヨーク州のゼネラル・エレクトリックに就職しました。 数年とたたないうちに、二人はスタンフォード大学の恩師フレッド・ターマン教授の奨めを受け、「起業に乗り出す(“make a run for it themselves”)」」ことを決意しました。

二人が創業の地として選んだ場所は、サンタクララ・バレーの カリフォルニア州パロ アルト市アディソン通り367番地にあるガレージです。ここでHP初の製品である200Aオーディオ発振器が製造されました。 ディズニー・スタジオが200Aに興味を持ち、8台購入して、映画の製作に使用しました。

1937

  • ビル・ヒューレット、デイブ・パッカード、ノエル・”エド”・ポーターは、電子計測会社の設立計画を立て始めました。この会社が後にヒューレット・パッカードとなり、現在のキーサイト・テクノロジーとなりました。

1938

  • ビル・ヒューレットとデイブ・パッカードは、538ドルの運転資金を元手に、ガレージでパートタイムで仕事を始めました。
  • ビル・ヒューレットのネガティブ・フィードバック(負帰還)の研究成果は、ヒューレット・パッカードの最初の製品であるレジスタンス・キャパシタンス・オーディオ発振器(HP200A)として実を結びしました。HP200Aは音響機器のテストに使用される電子測定器です。 この発振器は、可変抵抗を提供するため、配線スキームの一部として白熱電球が用いられ、それにより発振器の安定性が飛躍的に向上しました。 フィードバック(帰還)の原理は、高調波アナライザや歪み分析器など、初期のHP製品の基礎となりました。

1939

  • 1939年1月1、ビル・ヒューレットとデイブ・パッカードは、共同経営を始め、コイントスで社名を決めました。
  • ウォルト・ディズニー・スタジオが、映画「ファンタジア」用の革新的な音響システムを製作、音響機器をテストするため、8台のオーディオ発振器を注文しました。

会社の歩み - 1940年代

エンジニアや科学者に、電子計測製品が広く認められるようになりました。 第2次世界大戦が始まると、これまでほとんどなかった米国政府からの電子測定器の注文が急激に増えました。 新製品が開発され、生産量が増えるにつれ、ガレージからより大きな施設に移転する必要がでてきました。HPは最初の本社、製造工場、研究開発施設を建設しました。 1942年には、ページミル通り395番地に建設された初の自社ビルに業務を移転しました。 人目を引くレッドウッドの羽目板を持つこの自社ビルは、通称「レッドウッド・ビルディング」と呼ばれています。

1940

  • 生産拠点をガレージから、パロ アルト市のページミル通りとエル・カミノ・レアル角の貸しビルに移転しました。
  • HPはクリスマス・ボーナスとして、初のボーナス 5ドルを社員に支給しました。 これが後になって生産賞与となり、その後も全社的な利益分配プランとして残りました。

1941

  • オハイオ州のWright Field(現、ライトパターソン空軍基地)がHPと、モデル205信号発生器6台を購入する初の政府契約を結びました。

1942

  • カリフォルニア州パロ アルト市のページミル通り395番地に、敷地面積1万平方フィート(約930平方メートル)にわたる、オフィス/研究所/工場から成る最初の自社ビル(レッドウッド・ビルディング)を建設しました。ビルとデイブは、自由な空間にするため、内壁のないオープンフロアを設計しました。
  • デイブ・パッカードが、優れた信頼性を低価格で実現できる電圧計を設計しました。

1943

  • HPは、米国海軍研究試験所向けに開発したモデルA信号発生器とレーダ妨害装置を携えて、マイクロ波の分野に参入しました。 第2次世界大戦が始まると、各種マイクロ波テスト製品が製造されるようになり、HPは、信号発生器のリーダーとして認められるようになりました。

1948

  • HP 610A UHF信号発生器を発表しました。 モデルA信号発生器をベースとしており、HPの市販マイクロ波製品の第1号となりました。

会社の歩み - 1950年代

ビルとデイブは、独自の経営哲学の基盤である、HPの企業目標を作成し、グローバル化への第1歩として、ドイツのベーブリンゲンに施設を創設しました。

1950

  • マイクロ波機器が大きく進歩した結果、より包括的なテスト結果が得られるようになり、確度も向上しました。

1951

  • 高速周波数カウンタ(HP 524A)を開発しました。高周波測定の測定時間は、約10分から1~2秒に大幅に短縮しました。
    ラジオ局では、周波数安定度に関するFCC規則に準拠するため、HP 524Aを使用して周波数を正確に設定していました。

 

1957

  • 1957年11月6日に初めて株式を公開しました。
  • HPの経営スタイル「HP Way」の基礎となる、企業目標が明文化されました。アジレントは、この経営スタイルを引き続き手本としています。

1959

  • 1957年にローマ条約が調印されると、HPはカリフォルニア州から世界に飛び出しました。スイスのジュネーブに欧州のマーケティング組織を、西ドイツのボブリンゲンに米国以外で初となる製造プラントを設立しました。 社員は9名、最初の製品は200CD、400D、430C、410Bでした。

会社の歩み - 1960年代

HPは、電子計測分野で安定した成長を続け、医療電子機器、分析機器などの関連分野に進出しました。電子計測専業企業であった時代は幕を閉じました。 HPの革新的で素晴らしい経営と社風、労働環境も注目を集めるようになりました。 この10年には、セシウム原子時計、毎月の売上高が100万ドルを超えた初のHP製品である8551スペクトラム・アナライザなど、複数の先進的な製品も発表されました。

1960

  • コンピュータ・テクノロジーで使用される高速デジタル波形を表示するため、185Aの新しいオシロスコープに新たな「サンプリング」手法が取り入れられました。
  • HPは、コロラド州ラブランドに、パロ アルト市以外では米国初となる製造プラントを設立しました。

1961

  • ニューヨーク証券取引所に上場しました。

1962

  • HPは「フォーチュン」誌の米国企業上位500社に初登場しました。順位は460位でした。

1963

  • 横河電機株式会社と、HPで初の合弁会社となる横河・ヒューレット・パッカード(所在地:東京)を設立しました。
  • 周波数シンセサイザを発売。目的の周波数で正確に電気信号を生成できる初のシンセサイザは、テストの自動化に大きく貢献しました。

1964

  • HPは創立25周年を迎えました。
  • デイブ・パッカードは取締役会長に、ビル・ヒューレットは社長に選任されました。
  • 高精度のHP 5060Aセシウムビーム型原子時計を発表しました。
  • 8551A/851Aマイクロ波スペクトラム・アナライザを発表。周波数バンド内の個別信号を直接読み取り解析できる、画期的な世界初の掃引型スペクトラム・アナライザでした。

1966

  • HPの中央研究施設として、HP研究所を設立しました。 HP研究所は、世界のエレクトロニクス業界の主力研究センターの1つに数えられています。 現在、名称はキーサイト研究所になっています。
  • HPの第1号コンピュータHP 2116Aを発売。計測器のコントローラとして設計されました。
  • 最初の固体コンポーネント発振器を発表しました。 小型、軽量、大型画面という特長により、ラボ、フィールド、生産作業での使用が容易になりました。

1967

  • HPは他社に先駆けて、「フレックス・タイム」制度がドイツ ボブリンゲンの事業所で導入されました。このフレックス・タイム制は、その後、HPとアジレントの世界中の製造拠点に導入されました。
  • HPのエンジニアは、国際時間標準を同期させるために、開発した原子時計を持って、飛行機で18ヶ国に向かいました。 最終的には、このセシウムビーム型電子時計が国際時間標準になっています。

1969

  • デイブ・パッカードが米国国防総省副長官に任命されました(在任期間1969年~1971年)。
会社の歩み - 1970年代

HPはイノベーションの伝統を堅持していきました。 この収益と社員数の大幅な伸びを記録した10年が終わりに近づいたとき、ビル・ヒューレットとデイブ・パッカードは、会社経営をジョン・ヤングに任せるようになりました。

1970

  • マイクロ波システムの設計と製造に不可欠なツールである、自動マイクロ波ネットワーク・アナライザを発表しました。

1971

  • レーザ関連の分野で、100万分の1インチまで測定可能なレーザ干渉計を製造しました。 このレーザ干渉計は、現在でもマイクロチップ製造で人気のあるツールです。 同様のテクノロジーから、最初の電子測量ツールとなったレーザ測長器が生まれました。

1973

  • ロジック・アナライザが、急成長するデジタル・エレクトロニクスの分野で、エンジニアの支持を集めました。

1975

  • HPは、標準デジタル・インタフェースを作ることで、計測システムの単純化を図りました。電子業界が国際標準としてHP-IB(インタフェース・バス)を採用しました。これにより、1つのバスあたり最大14台の測定器をコンピュータに簡単に接続できるようになりました。HP-IBとHPプログラミング言語が、市販テスト・システムの実現を可能にしました。

1977

  • ジョン・ヤングが社長に任命されました(1978年にCEOに任命されました)。
  • HP初の1 Hz分解能スペクトラム・アナライザHP 8566/68Aを発表しました。

1979

  • ハードウェア・エンジニアとソフトウェア・エンジニアが必要とするツールをすべて結合した、統合型マイクロプロセッサ開発システムが誕生しました。
  • HP 8566Aマイクロ波スペクトラム・アナライザを発表しました。HP 8566Aは、初期のスペクトラム・アナライザでは対応できない低レベル信号を識別できます。
会社の歩み - 1980年代

グローバル化が進み、経済が急激な変化を遂げたこの10年間に、コンピュータ・テクノロジーが大きな影響を及ぼしました。より高性能な製品をより低コストで製造できるようになったばかりでなく、工程や組織全体も激変しました。

1982

  • シグナル・データ・ネットワークは、データを高速で中継し、病院のさまざまなベッドを1つの中央ステーションからモニタできるようにした初の製品です。

1984

  • 最初のコンピュータ制御ネットワーク・アナライザ、HP 8510Aを発表しました。

1985

  • 業界初のマイクロプロセッサ・ベースのネットワーク・アナライザを使用すると、これまでにない周波数レンジに渡ってほぼリアルタイムで、振幅または位相応答を簡単に測定できます。
  • 中国初のハイテク合弁会社を設立しました。

1986

  • 主要な電子計測器メーカーでは初めてとなる完全デジタル・オシロスコープHP 54100が発売されました。

1987

  • ビル・ヒューレットはHP取締役会副会長を辞任しました。
  • ウォルター・ヒューレット(ビルの息子)とデイビット・ウッドリー・パッカード(デイブの息子)がHP取締役会のメンバーに選任されました。

1988

  • デジタル・マルチメータを発売。1台の測定器で高周波、高精度、高分解能の電圧測定を実行できます。
  • THzの伝送帯域幅を測定できるアナライザが、光通信用に開発されました。
会社の歩み - 1990年代

変化のスピードが速まると同時に、Webベースの情報やアプリケーションの普及、競争の激化、市場投入までの期間が大幅に短縮されました。

1990

  • HPは、新たな電子計測部門を創設し、リーダーにネッド・バーンホルトを任命しました。
  • HPは、スーパークリティカル液体抽出装置の開発により、サンプル調製分野に進出しました。

1991

  • Avantek社を買収したことで、世界の通信機器市場向けコンポーネントの販路が拡大しました。
  • HP 54600/54601の発売により、アナログ・オシロスコープの機能にデジタル・アーキテクチャの精度とパワーが加わったことで、日常のオシロスコープの使用方法が一変しました。

1992

  • 新たな原子時計を発表しました。 この原子時計は世界で最も正確な、市販の時間管理デバイスとなりました。
  • テスト・セットによって最大25億データ・ビット/sのデータ・ストリームを作成/検出できるため、電気通信メーカーが伝送機器の性能を確認できるようになりました。
  • 光スペクトラム・アナライザは、急成長する光通信分野にとって重要な製品であることが立証されています。
  • 高速デジタル・エレクトロニクス製品の設計で使用する、新しいモジュール型オシロスコープを発表しました。
  • ルー・プラットが社長兼CEOに任命されました。

1993

  • 通信ネットワークの効率を向上できるAcceSS7ネットワーク・モニタリング・システムを発表。SS7ネットワーク上のすべてのエレメントを中央の1ヶ所からモニタできるようになるシステムです。
  • HPが、HP 83000システムの発売により、デジタル集積回路製品テスト市場に参入しました。

1994

  • 中国にShanghai Analytical Instrument Factoryとの合弁会社を設立しました。
  • 広帯域シリーズ テスト・システムが業界標準となりました。 このシステムを使用すると、初めてATMや広帯域ISDNネットワークをテストする際や、これらのシステムすべての層を統合的にテストする際など、音声、データ、イメージ、ビデオを同一ネットワークで伝送する情報ハイウェイの基盤を形成できることを証明できるようになりました。

1995

  • 水晶テクノロジーとセシウム時間標準における何十年もの経験の成果として、新しいデジタル・サービスの音声、データ、ビデオ通信に必要な、より高い確度と信頼性でネットワークが動作する、タイミング同期製品が生まれました。
  • 業界初の低コスト、高速、小型の赤外線トランシーバにより、電話、コンピュータ、プリンタ、レジ、ATM、デジタル・カメラなど、さまざまなポータブル計算アプリケーションで無線「ポイント・アンド・シュート」方式のデータ交換が可能になりました。
  • 広帯域サービス・アナライザは、広帯域ネットワークを敷設するための新しいポータブル・ツールで、操作性が大幅に改善されています。アナライザの1個のボタンをタッチするだけでネットワーク品質を測定するための込み入ったテストをセットアップできるため、複雑なATMテクノロジーが簡単に利用できるようになります。
  • 最初のミックスド・シグナル・オシロスコープ(MSO)を発表しました。

1996

  • 3月26日、共同創業者デビッド・パッカードが死去しました。
  • 1100シリーズ 液体クロマトグラフ質量選択検出器を発表しました。 HP 1100は、化学者が製品開発サイクル(新しい製薬の開発サイクルなど)の高速化に対応し、分析結果の品質を向上できるように設計されています。
  • 有線/無線高速デジタル・ネットワークのネットワーク・タイミングを同期すると、ファックス回線の中断、モデムの切断など、電話回線でのデータやイメージの送信で起きる問題や、ある基地局から別の基地局に電話した場合にハンドオフ方式の携帯電話で起きる問題(これらはドロップ・コールの発生原因にもなります)の多くを解決できます。

1997

  • 最初のInfiniiumオシロスコープを発表しました。

1998

  • 革新的なHP 3070シリーズ 3ボード・テスト・システムを発表。プリント基板のテストを従来より高速化/効率化できるようになりました。
  • RDRAMチップの量産テストに使用できるHP 95000 HSM高速メモリ・テスト・システムを発売。 800 MHzで動作し、占有面積が最も小さく、テスト・コストが最小で、リスクの一番低いソリューションをメモリ・チップ・メーカーに提供しました。
  • 新しいVXIマイクロ波シンセサイザ HP E6432Aは、フィールド・テスト、航空電子工学、通信システム、その他の製造テストなど、さまざまな自動テスト・アプリケーションに最適です。
  • エンジニアに修理工場や現場での診断やカスタマ・サービスなどの情報が一元管理された統合型診断ソリューションTestBook Wirelessを提供。これにより、技術者の生産性が向上し、カスタマの修理コストが減少しました。

1999

  • HPは、電子計測コンポーネント、化学分析、医療ビジネスから成る計測企業と、コンピューティング、プリンティング、イメージング・ビジネスから成るコンピューティング/イメージング企業を設立すると、戦略的な再編を発表しました。
  • 新しい計測企業「アジレント・テクノロジー」の社名は、カリフォルニア州サンノゼで行われたイベントで、アジレント社長兼CEO、ネッド・バーンホルトから発表されました。
  • 1999年11月18日に新規株式公開を行い、21億ドルの資金を調達し、シリコン・バレー史上最大のIPOとしての記録を更新しました。
会社の歩み - 2000年代

1999年のIPOの成功後、アジレント・テクノロジーは、急成長する通信、エレクトロニクス、ライフ・サイエンス市場にフォーカスした完全に独立した計測専業企業となりました。 アジレントは、電子計測市場で世界最大の業界のリーダーとして認められています。

2000

  • 2000年6月2日、アジレント・テクノロジーは完全な独立会社になりました。HPの保有するアジレントの株式がHPの株主に分配されました。
  • アジレントのフォトニック・スイッチ・プラットフォームの発売により、全光ネットワークの開発が加速しました。
  • 初の全デジタルIF-PSAスペクトラム・アナライザを発表しました。

2001

  • 1月12日、共同創業者ウィリアム R. ヒューレットが死去しました。
  • Objective System Integrators Inc.(OSI)の買収により、3G無線/光/広帯域インターネット・プロトコルおよびVoPN(Voice over Packet Network)/VOPサービスを提供するサービス・プロバイダに対して完全なソリューションを提供できるようになりました。

2002

  • 新会社が「フォーチュン」誌の米国企業上位500社に初登場しました。順位は212位でした。
  • 社長兼CEOのネッド・バーンホルトが取締役会会長に選任されました。
  • 初のMWベクトル信号発生器 PSGを発表しました。

2004

  • Agilent VEE(Visual Engineering Environment)Proシステム開発ソフトウェアは、Mars Exploration Rover(マーズ・エクスプロレーション・ローバー:無人火星探査車)で使用する通信機器をテストするためのインタフェースとなりました。

2005

  • ウィリアム P.(ビル)・サリバンが、エドワード W.(ネッド)・バーンホルトの後任としてアジレントの社長兼CEOに任命されました。
  • アジレントは、中国および世界市場向けにテスト機器を開発/製造するための合弁会社、Chengdu Instruments Divisionを設立しました。
  • アジレントは、中国の複数の事業者を統合するため、Agilent Technologies China Holding Company Ltd.(本拠地:上海)を設立しました。

2006

  • 横河アナリティカルシステムズを完全子会社化しました。
  • アジレントが、最大100 Gb/sの速度で動作する、業界初のE4898Aビット・エラー・レート・テスタ(BERT)を発表しました。
  • アジレントが、MXA信号解析プラットフォームを発表しました。
  • サンフランシスコ湾岸地帯の会社施設すべてを55エーカーのサンタ・クララの拠点に集めました。 HPによって1968年に、製造プラントは建設されましたが、パロ アルト市にあったアジレントの本社を含め、多くの機能がサンタ・クララに集約されました。

2007

  • 業界初の統合型Mobile WiMAXテスト・セット E6651Aを発表。E6651Aにより、Mobile WiMAX加入者製品の設計/製造メーカーは、開発から量産へ迅速に移行でき、WiMAXデバイスの品質の向上を図りながら、コストの削減を同時に実現できるようになりました。

2008

  • アジレントとSunPower Corporationは、アジレントのカリフォルニア州サンタローザ サイトに1メガワットの太陽光発電トラッキング・システムを構築しました。 このシステムは、ソノマ・カウンティで最大の太陽エネルギー発生機で、今後30年間で9000万ポンド(約4万トン)を超える二酸化炭素の排出削減の効果が期待されています。9000万ポンドは、約7,500台分の自動車の排出ガスに相当します。
  • アジレントは、業界最速のアンテナ・テスト用レシーバ、PNA-Xメジャメント・レシーバを発表しました。

2009

  • アジレントは、業界初の1 Wを超える最大出力パワーを実現したマイクロ波信号発生器、PSG E8257Dを発表。この信号発生器の超高出力により、増幅器、カップラ、ディテクタなど補足ハードウェアが不要になりました。
  • PCI Express(r)(PCIe)プロトコル・テスト用のインライン・エラー挿入ツール(ジャマー)も発表しました。PCIeテストの革新的なコンセプトを取り入れた業界唯一のツールとして、開発でのデバイスのテストサイクルと市場投入までの時間の短縮を実現します。
会社の歩み - 2010年代

2010年代に入り、アジレントは大きな変革のときを迎えました。 2013年、アジレント・テクノロジーは、計測企業を2つに分割することを発表しました。
新たな電子計測企業の社名、キーサイト・テクノロジーが発表されました。

キーサイト・テクノロジーは、2014年11月、完全に独立した電子計測専業企業となりました。

この話にはさらに続きがあります…