Here’s the page we think you wanted. See search results instead:

 


キーサイト、業界初となる2 GHz帯域幅の44 GHzデュアルチャネル・ベクトル信号発生器を発表

  
  

5Gおよび衛星通信用の広帯域ミリ波アプリケーション対応の高性能のVXGマイクロ波信号発生器

東京、2019年2月20日発

 エンタープライズ、サービスプロバイダー、政府などのお客様がイノベーションを加速し、あらゆるものが安全につながる世界の実現を支援する、キーサイト・テクノロジー株式会社(代表取締役社長:チエ ジュン、本社:東京都八王子市高倉町9番1号)は、1つの筐体で最大44ギガヘルツ(GHz)の信号と2 GHzの無線周波数(RF)変調帯域幅をサポートする、業界初のデュアルチャネルマイクロ波信号発生器を発表しました。キーサイトの新しいVXGマイクロ波信号発生器を使用すると、テストセットアップの複雑さが軽減され、無線(OTA)テスト環境で発生する経路損失が減少するため、5Gおよび衛星通信用の要求の厳しい広帯域ミリ波アプリケーションに対応できます。

 5G New Radio(5G NR)で採用される多くの装置では、チャネル帯域幅を広げ、ミリ波周波数で動作するアクティブ・アレイ・アンテナ技術を用いることで、マルチ入力マルチ出力(MIMO)、およびビームフォーミングテクノロジーに対応しています。ミリ波周波数に対応するコンポーネントやその他の無線ネットワーク機器では、3GPPで義務付けられているコンフォーマンステストをOTAテスト環境で実行する必要があります。

 次世代の携帯電話テクノロジーに対応するキーサイトの新しいVXGマイクロ波信号発生器には、以下の特長があります。

  •  最大2 GHzのRF変調帯域幅のデュアルチャネル44 GHzベクトル信号発生機能と、位相コヒーレントを担保する機能を1つの筐体に搭載した、5G NRテストシステムとして最適化されたセットアップ
  •  高パワー出力時において、業界最高のエラーベクトル振幅(EVM)および隣接チャネル電力比(ACPR)性能を実現し、OTAテストシステムにおける経路損失を低減
  •  当社ソフトウェアスイートPathWave Signal Generationとの統合により、基地局や携帯端末のトランスミッター/レシーバーのテスト向けに、最新の3GPP 5G NRに準拠した信号を生成でき、製品開発を加速

     当社高周波計測R&D部門のバイスプレジデントであるJoe Rickertは、次のように述べています。「2 GHz帯域幅の世界初となるデュアルチャネル44 GHzマイクロ波信号発生器を、ベンチトップ型とモジュール型の両方のフォームファクタで発表できることを大変うれしく思います。VXGの持つ低位相ノイズ、高出力、優れた変調精度、低歪み性能は、商用通信や航空宇宙防衛産業向けの無線通信アプリケーションに理想的な信号発生器です。」

     キーサイトのVXG信号発生器は無線機器の設計者やメーカーに、以下のような高度で幅広い機能を提供します。

  •  ミリ波周波数における測定の整合性を最適化し、広帯域幅に対する不確実性を最小限に抑える優れたRF性能
  •  規格に準拠したテスト信号の作成作業を効率化する5G NR対応の新しいグラフィカル・ユーザー・インタフェース(GUI)
  •  マルチタッチとモジュール対応のユーザー・セントリックなインタフェースにより、同じ性能で研究開発/製造固有の使用環境ニーズに対応

     キーサイトの5G波形発生/解析テストベッドソリューションには、機能が強化されたVXGマイクロ波信号発生器が活用されており、3GPPの規格に従って周波数レンジ1(FR1)と周波数レンジ2(FR2)の両方で新しい5G製品の設計を効率的に検証できます。キーサイトでは、5G NRコンフォーマンステスト時の課題に対応するテストベッドソリューションを生かし、新しいテクノロジーを市場対応ソリューションに短期間で統合することで、お客様の迅速な取り組みを支援し「業界初」という目標の達成を可能にします。

    関連情報
       製品詳細:www.keysight.co.jp/find/VXG
       製品画像:www.keysight.co.jp/find/VXG-images

    キーサイト・テクノロジーについて
     キーサイト・テクノロジーは、エンタープライズ、サービスプロバイダー、政府などのお客様が、イノベーションを加速し、あらゆるものが安全につながる世界の実現を支援する、テクノロジーカンパニーです。 当社は、お客様がより迅速に低価格で市場導入できるように、設計シミュレーションから、プロトタイプ検証、製造テスト、ネットワークやクラウド環境の最適化などのソリューションを提供しています。当社のお客様は、世界中の通信エコシステム、航空宇宙/防衛、自動車、エネルギー、半導体、一般電子機器のエンドマーケットなど、多岐にわたっています。2018年度の売上高は39億ドルでした。キーサイトの詳細は、以下のウェブサイトでご覧いただけます。 www.keysight.co.jp

    ※このニュースリリース中の「キーサイト・テクノロジー」、「キーサイト」、「当社」は、文脈により、「キーサイト・テクノロジーズ・インク」、その日本法人や各国の法人、グループ全体を指すことがあります。
    マスコミ関係者の皆様: 技術、地域貢献、役員等に関連する情報は、以下のウェブサイトでご覧いただけます。
    www.keysight.co.jp/go/news

    # # #
    お客様からのお問い合わせ先:
    計測お客様窓口 電話:0120-421-345